水中機材の正しい選び方

写真

水中機材の正しい選び方

ダイビングを始めた方は、最初に潜水ス-ツを揃えて、あとはシュノ-ケル、ボンベ、マスク等の基本のアイテムを揃えます。
要は、水の中でも息が出来るようにする準備一式と言うことになります。
ここらあたりは、潜りを始めようかと言う人は当然準備品を想定しているので、なんら驚きませんが、「水中機材」という言葉はショップとか先輩ダイパ-に言われて初めて聞くと言うことがあります。
「水中機材」というとわかりにくいですが、「水中で写真を撮れる機材」と言うことなのです。
具体的には水中でも陸上と同じように写真が撮れる水中カメラか、もしくは日頃陸上で使っているカメラを収納して水から縁を切って、海の中で使えるようにしたハアジングのことを指します。
水中用の使い捨てカメラも立派な水中機材になります。
またハウジング(防水プロテクター)に取り込んで水中で使うデジタルカメラ、コンパクトデジカメ、一眼レフ、レンズ、ポート、ストロボなどなど・・・、こちらも選択肢が沢山あります。
そうなるとどういう使い方をするのかということを、頭に入れてシープレックスのようなプロのスタッフが揃っているところに相談するのが一番現実的な方法だと言えます。

新着記事

食べ歩きは事前のコース選びが重要です

資格試験の情報を知ることが出来るサイト

人間の脳の働きから着想を得たディープ ラーニング

安全な企業経営に欠かせないリスクヘッジ