ロハスホールディングスは電力自由化を目指しています

写真

ロハスホールディングスは電力自由化を目指しています

私が住んでいる地域は、来春の電気料金の値上げが決まっています。
これからどんどん値上がりしていくことが考えられますから、家計を預かるものとしては頭の痛い問題です。
この様にどんどん電気料金が値上がりするのは、寡占状態になっているからでしょう。
もっと多くの会社が電力を届けることができるようになれば、この電気料金ももっと違ったものになるかもしれません。
現在、大手電力会社以外にも、発電を行っている業者はいくつもあるのです。
ロハスホールディングスもその一つで、効率の良い発電と業務のスマート化により、低料金で電力を届けることに成功しています。
個人が自由にその電力を購入することはできませんが、企業ではすでにロハスホールディングスの電力を購入しているところもあるのです。
この動きがさらに大きく広がれば、個人も自由に電力会社を選べるようになるのではないでしょうか。
諸外国では、すでにそうなっているところもあるのです。