勝つためには、FX用語の理解を

写真

勝つためには、FX用語の理解を

FXの用語を知ることは、勝つ方法でもあるのです。
用語が出来たということは、それだけ良く使われているということであり、必要性があります。
分かりやすいので言えば、売買時に使われるもので「成行注文」です。
成行買や成行売と使われる事がありますが、これはどのような為替レートであっても、売買するということです。
業者のシステムで1ドル98.02円だとしても、成行買いすると、その間にレートが変更されることもあります。
注文はサーバに一旦送られそこで処理された後、実際の売買時のレートがユーザーに表示されます。
そのため、レートが激しくぶれる時に成行買すると、1ドル98.03円で買っていたということもあるのです。
しかし、これを防ぐ方法があります。
それが、「指値注文」です。
98.02でしか買わないと明言して注文するもので、もし注文後に98.03にズレて98.02に届かなければ、注文はいつまでも残り売買は成立しません。
これを利用すると、成行買における思わぬレートに泣くことはなくなるのです。
存在している用語には意味があり、それを知ることが選択肢を増やすことになり、儲けを増やすチャンに繋がるのです。