魚パワーで血液さらさらを目指そう

写真

魚パワーで血液さらさらを目指そう

健康診断で中性脂肪が多い、悪玉コレステロールが多いと指摘されると不安になりますね。
血液中の中性脂肪やコレステロールが増えると血液がどろどろになり、動脈硬化のリスクが高まります。
動脈硬化になると心筋梗塞や脳梗塞に結びつきやすいので、血液がどろどろになるというのは非常に恐いことなのです。
脂肪過多の食生活や運動不足などが影響しているわけですが、どろどろになった血液をさらさらへと改善したり、血液どろどろにならないよう予防するにはどうしたらいいのでしょうか?食生活の見直しや運動など様々な方法が考えられますが、血液さらさらにするものとして注目なのがEPAです。
魚に含まれている成分で、1日1g以上摂取することが望ましいと言われています。
ですが、みなさんは魚を食べる機会がどのくらいあるでしょうか?1日1gのEPAをとるには、サンマなら1尾、イワシは2尾程度、ハマチのお刺身で10切れも食べなくてはなりません。
毎日、焼き魚定食が難しければ、サプリメントで補うようにするといいでしょう。