東京医科大学病院で後期研修医を募集中

写真

東京医科大学病院で後期研修医を募集中

東京医科大学病院では、平成26年度の後期研修医募集をしています。
卒業してから2年間の前期研修を終了し、ここから一般病院に就職するのもいいでしょう。
しかし、3年目からも研修を受けて、医療の場を深く学ぶチャンスも与えられているわけです。
平成26年の3月末に、2年間の臨床研修を修了予定であるならば、東京医科大学病院での後期研修医はチャンスではないでしょうか。
創設は1949年という歴史、東京医大整形外科医局での、充実した研修は、若い今だからこそ、これからの医療現場でも大きく役立つ経験となります。
幅広い年齢層の疾患が対象となるのが整形外科です。
その対象になるのは一部分ではなく、頭部から足先まで、身体全部です。
整形外科では、スポーツでの外傷や交通での外相をはじめ、椎間板ヘルニアや、変形性関節症など、領域さえも幅広くなります。
これらの知識と技術を、後期研修の期間に、大学院において、あるいは必要に応じて関連施設において、身につけていくことができるのです。
専門医の取得が可能となるように、またひとりで診療ができるようになるように、自分のレベルアップを図ることができるのです。
ハードに捉えられがちな大学病院ではありますが、そこは最高学府においての診療や、教育があるため、本当のエリートドクターへの道へ進む通過点となります。
今後の大きな力となる時間は、非常に貴重なものではないでしょうか。
http://www.tokyo-med.ac.jp/ortho/education/