潜在看護師になる前に転職を

写真

潜在看護師になる前に転職を

最近は男女問わず看護に携わる仕事を選ぶ人が増えてきて、看護婦という呼び方から看護師、あるいは男性をさして看護士と書くことも多くなりました。
いずれにしても、看護は力のいる仕事ですので、力持ちの男性が現場に入ってくることと、それまでは女性だけだった職場に風穴を開けるという意味では、大いに歓迎すべきことだと思います。
それというのも、女性の場合、結婚や出産を機に職場を離れ、資格を持っていても一定期間、仕事をする事が出来なくなる場合が多くなります。
そのとき、男性看護師が増えていてくれれば、女性がたとえ結婚しても、あるいは出産をしても、たとえばそれまで常勤雇用だったのをパート雇用に切り替えるとか、病院でも入院病棟は避け、外来のみで働くなどといったように働き方を変えつつも、働くことそのものをやめる必要をなくせるでしょう。
そうすれば、掘り起しに躍起になっている潜在看護師の存在をそもそも作らなくて済むことになりますし、本人もブランクを作ることがありませんので、自信を失うことがないでしょう。
常勤からパートになるのに転職の必要が生じるかもしれませんが、それでこれまでのキャリアを継続し、第一線で働きながら家庭と両立していけたら、それは素晴らしい転職となりそうに思えます。