安全な企業経営に欠かせないリスクヘッジ

写真

安全な企業経営に欠かせないリスクヘッジ

企業は、新型コロナウイルスが終息したアフターコロナの時に備えて、これまで以上に安定した経営を意識する必要があります。
これまでもリスクヘッジをしてきた企業であっても、今回の新型コロナウイルスショックのような状況は想定しきれていなかったと思います。
ステイホームが多くなった新型コロナウイルス下では、インターネットを上手に利用している企業が利益を上げていきました。
特にテレワーク関連のアイテムを販売している企業などの売り上げは好調で、新型コロナウイルス前よりも業績がアップしてきた企業もありました。

また、新型コロナウイルス関連で誹謗中傷などの風評被害で大きなダメージを負ってしまった企業もありました。
ある会社員の方が、体調が悪かったのにも関わらず、山梨に帰省し複数人を感染させ、新型コロナウイルスの検査の結果を待たずに移動するなどしてニュースになりました。
この方がどの企業に勤めているのかネットでは討論になり、最も有力だと思われる企業に電話やメールで脅迫じみた圧力をかけておりました。
この企業では、該当する人物は在籍していなかったため、とんだとばっちりでした。
こういった誹謗中傷があったような場合には、スピードガードのような会社に依頼し、企業の信用回復に努めることが重要になります。

誹謗中傷対策について詳しくはコチラ