人間の脳の働きから着想を得たディープ ラーニング

写真

人間の脳の働きから着想を得たディープ ラーニング

ディープ ラーニングの特徴はニューラルネットワークを使用しているということです。
このニューラルネットワークとは人間の脳にある神経細胞であるニューロンから着想を得たネットワーク構造であり、プログラムを淡々とこなすだけの人工知能に知性を与える存在として注目されています。
このニューラルネットワークを利用することによって、優れた特徴量検出能力を発揮することが出来るのです。

ニューラルネットワークの基本構造は入力層と出力層、そしてそれらの間にある隠れ層となっています。
これらはお互いに結びつきあって、結びつきの強度がどれくらいなのかを計算することによって、適切な答えがどれなのかを導き出せるような設計になっているのです。
このような考えもまた人間の脳に由来しています。

人間の脳にはシナプスと呼ばれる神経細胞を結びつける物質があります。
これらの強度に応じて情報伝達を行なっているのです。
つまり、ディープ ラーニングの特徴は脳の働きをそのままAI技術に落とし込んでいることであり、その働きを持って様々な業界において革新的な働きをしています。
このようなことを生かして、将来人間さながらの知能を持つアンドロイドが誕生するのかもしれません。