中絶手術を受ける際に気をつけなければいけないポイント

写真

中絶手術を受ける際に気をつけなければいけないポイント

中絶を行う時に必要な注意事項としては、まず基礎疾患や合併症などによって手術が受けられないという事があるというものです。
これは医学的な理由になってしまうため、どうしようもありません。
また、化粧やジェルネイル、マニュキアなどは手術の際に全て取り払う必要があります。
これも家の段階で落としてきてから来院するようにしましょう。
前日の21時以降には食事はしないということも忘れないでください。

また、初期の中絶の場合には保険証が無くても手術をする事が出来ますが、公的な身分証明書が必要になるため気をつけましょう。
保険証がないという場合には運転免許書などを用意するようにしてください。
この手術をする間に保険診療適応になってしまった時には全額負担になってしまうということも忘れてはいけないポイントです。

また、おとめクリニックでは出産育児一時金を利用できます。
高額な代金支払医も代理で2ヶ月立て替えてくれるため、出産育児一時金直接支払制度を使用することによって手持ちがないという状態でも中絶手術を受ける事が出来るのです。
このような制度は利用する事が出来ないというクリニックも存在するため、もしも不安だという人はおとめクリニックのように患者に優しいところを選ぶようにしましょう。